社員からのメッセージをお伝えします。









社員メッセージ

日々の業務が次の仕事につながっていくことを実感しています。

 私は学生時代に社会のインフラ整備に興味を持ち始めました。そして土木や建築関係の仕事にはどのように関わっていけば良いか考えていた時に、偶然にも電気設備資材メーカーのタチバナと出会い、「ここだ!」と思いました。
 東京営業所は東日本全域をカバーしており、営業エリアは広範囲に及びます。私は、北海道、新潟と関東圏内の一部を担当しているのですが、今まで行った事がなかった地域への訪問もよくあります。色々な地域に行けるのもこの仕事の楽しさの一つです。また新潟で出会ったお客様と北海道で再会する事もあり、一つ一つの仕事をしっかりと対応し人との繋がりを大切にする事で、次の仕事につながっていくことを実感しています。
 将来の目標は、技術的な知識をもっと身につけて営業現場に活かし、電設資材のエキスパートになることです。


営業部 主任 橘内 伸明 / 東京営業所
(平成16年入社 法学部法律学科卒業)

インフラ整備に関わる仕事に、大きな責任とやりがいを感じています。

 私は高速道路等インフラ整備における電気・通信設備工事に関わる製品を主に担当しています。
 取引先は高速道路会社や国土交通省から施工を請け負った工事会社様が中心です。タチバナは、一般消費者向けのメーカーではありませんので一般ユーザーには知られていませんが、この分野ではめっぽう知名度が高く、全国では70%強の納入実績を有していると思います。
 タチバナの強みは、何といっても設計、開発~製造、販売までを一社でトータルに対応できる体制を確立しているところではないでしょうか。さらには過去の仕事への高い評価が、新たな工事案件に対してアドバンテージをいただくことが多く、先輩方が永年培ってこられた信頼と実績が、私たちの背中を後押ししてくれているようでありがたさを感じます。そのため先輩方に恥をかかせられないというプレッシャーもあります。
 社内の風通しは大変良く、分からないことはすぐに先輩や上司に相談できる環境にあります。
私の目標は新商品の開発です。これまでにもいくつか提案したものはありますが、なかなか実現していません。さらに経験を積んで必ずカタチにしたいと思っています。


営業部 主任 山田 智
(平成19年入社 工学部土木工学科卒業)

「適性」よりも「やる気」。全員でサポートします。

 タチバナでは、全国的な道路や鉄道等のインフラにとって重要な資材に関わることができる、また新規分野にチャレンジできる環境も整っています。
 一般的な知名度は低いですが、この分野でのシェアは高く、日本の交通網にとってはなくてはならない製品を、設計から製作まで手掛けることにやりがいを感じています。厳しい納期の要求や形状をゼロから作り上げるなど、時には難しい局面もありますが、その分、大きな達成感を得ることができます。
 自分がこの仕事に「向いている」「向いていない」は、あまり重要ではありません。私も以前は向いていないと悩んだ時期がありましたが、努力を重ねていくうちに様々な発見や気付きに自然と向き合えるようになりました。当社を志望され、入社された方には、当社の仕事を好きになってもらえるように、全員でサポートしていきます。


生産技術部開発設計課 係長 中西 宏之
(平成9年入社 工学部電子機械工学科卒業)

「答え」はひとつではない。「正解は自分がつくる」と思っています。

 大学で建築を学び、「技術が活かせて、ものづくりに関われる仕事がしたい!」とタチバナを選びました。
 最初は単純な形のものが多くて分かりやすいと思っていたのですが、最近では、一からお客様と打ち合わせを行い奥の深さにはまっています。同じ様な部品の設計でも施工現場の状況や環境、納期等の諸条件によって、違ったカタチに仕上がることもあり、これが面白くもあり、難しい点でもあります。「これがBEST!」というものがありません。敢えて言えば、「自分がこれだ! と思ったものがBETTERになる」ということでしょうか。現場で営業担当者やお客様と打ち合わせを行い、会社に戻って設計・製図、また現場で確認する…といったこともしばしばです。
 仕事のやりがいは、高速道路や鉄道など現代生活には必要不可欠なインフラのものづくりに関わっていることとその中で自分が設計したものが実際のカタチとなって、少なからず社会に貢献していることを実感できる点ですね。将来的には、現場で設計の細部まで自信をもって決め込みができるように知識と経験を高めていきたいです。


生産技術部開発設計課 主任 小川 友里江
(平成22年入社 工学部建築デザイン学科卒業)

「あなたのやり甲斐をタチバナで」

 私は高速道路・国道などの照明用金具や、配管支持・ダクトといった設備の設計を行っています。タチバナで設計する製品は板金・製缶・溶接を駆使して製作するものが中心となります。私は前職でそれらの設計をしていたので、タチバナではその経験を活かせています。
 建築における設計は初めてで今まで使わなかった基準や規格を覚えるのが大変でしたが、新しい知識や経験を得られるのが楽しく、また自分の設計したものが公共の場に設置されると仕事のモチベーションが上がります。
 タチバナの設計は各現場に合せて一品一様のものが多く、自分自身で一から形状を考えるものも多々あります。設計に対する要求が厳しいこともありますが、それらをまとめて解決に導くことにやり甲斐を感じます。
 あなたのやり甲斐もタチバナで見つけられるよう応援します。


生産技術部開発設計課 主任 前田 一期 / 東京営業所
(平成24年入社 工学部動力機械工学科卒業)

「人間力を高める」ことが、私の仕事です。

 資材課の主な業務には、商品(製品)の①見積もり業務、②発注業務、③納期及び在庫管理があります。私の主な仕事は営業部から届いた受注票をもとに、工場に製作の依頼を行ったり、加工資材の見積りや鋼材検査証明書の提出準備、商品(製品)の在庫管理、納期管理などです。製品の納期交渉や調整等では、協力工場や社内の営業部、品質管理室や商品管理課との交渉が多く、お互いの要望を聞きながら、取引先の要求に応じた調整をいかに図っていくかが、難しくもありまた醍醐味でもあります。日頃の付き合いを通して自分という人間をどれだけ相手に知ってもらい、信頼関係を築いていけるかが業務を円滑に進めていく上で不可欠な要素だと感じています。
 また、在庫管理面では「切らしてはいけない。溜めてもいけない」という教えがあり、これを守っていくことは至難の技と言わざるを得ませんが、過去の部品の発注資料をもとに適正在庫を維持するよう心がけています。工事案件によっては大量出荷のイレギュラーなケースもありますが、営業担当者、工場との打ち合わせを行い、取引先の要求通りに商品(製品)が納められるように努めています。


生産技術部資材課 主任 畠中 淳弥
(平成23年入社 経済学部経済学科卒業)

社員の成長を長い目で見てくれる会社です。

 「社員を少しでも早く戦力にしたい」と思う企業が多い中、タチバナでは「日常目にする製品が少ないのと取扱量が多いので、三年くらいかけて会社を担う人材に育ってくれれば…」と言われました。社員の成長を長い目で見てくれる会社だと思ったことと、私たちの生活を支えるインフラ関係の設備を取り扱っていることが入社の大きな動機でした。さらに、自分がかかわった設備が長く社会に残るという点にも魅力を感じました。
 仕事の内容は、受注になった図面を確認し、仕入れ先への見積もり・発注・工程管理等をすることです。設備資材の発注から納品までの広範囲にタッチします。資材課は、オリジナル仕様の特注品を扱う係と既製品を仕入れる係に大別され、私は特注品を担当しています。最近、ようやく製造コストの決定も任せてもらえるようになりました。営業部の要望を踏まえながら、仕入先と価格や納期を交渉するプロセスにやりがいを感じています。今の仕事は大きな責任が伴いますが、自身の裁量で決定していける部分が多く積極的に行動する私の性格に向いています。
 最初は図面も読めませんでしたが、業務をこなしていくうちに文系の私でも読めるようになってきました。今では仕事のスピードも速くなり、楽しく感じています。将来的には、工期の長い大型プロジェクトを任せてもらえるようになりたいです。


生産技術部資材課 田中 莉子
(平成26年入社 表象文化学部卒業)

やればやるだけ奥が深く、習得することがいっぱいです。

 学生時代はインフラ整備関係に興味を持っており、その影響もありタチバナに入社しました。タチバナは高速道路関系のシェアが高いのですが、鉄道(新幹線など)や空港分野などの新しいフィールドに挑戦できるところも魅力ですね。
 品質管理は「受入検査」と「完成品検査」に分かれ、前者は協力工場から納品された製品が、図面通りにできているか寸法や構造等を図面と照合します。後者は商品管理室で最終仕上げられた箇所の検査や仕様書通りの内容かどうか等のチェックが主となります。品質管理の面白さは図面では見えないけど、部品をセットした時や施工した時に、どのような障害が表われるかを想定するところでしょうか(経験の度合によって見えてくる内容にも違いは出てきますが…)。
 経験年数からみればベテランと呼ばれるポジションかもしれませんが、品質管理の仕事はやればやるだけ幅も奥行も広がり、まだまだ習得することがいっぱいですね。お客様の信頼を得るのも失うのも製品次第ですから、この仕事をさらに究めていきたいです。
 また、タチバナは人を思いやる風土が強い会社ですので、この風土を後輩のメンバーに継承していくのも私の仕事だと思っています。


生産技術部品質管理室 主任 伊勢川 正幸
(平成13年入社 工学部卒業)

「タチバナのブランドイメージは自分が守る」を、日々実感しています。

 自社製品の検品から補修、調整、組立・加工、梱包、出荷作業に至るまでが私の仕事です。
 商品管理課は、タチバナ製品を社会に送り出す“最後の関門”です。我々の仕事が「会社の品質(ブランドイメージ)」を左右すると言っても決して過言ではないと思っています。ちょっとしたチェックミスや加工技術の不備で不良品を発生させることは、会社のイメージダウンにつながります。そうしないために、仕事は丁寧にそして完璧を目指して、全員が一丸となって取り組んでいる様子は真剣そのものです。それだけに自分のできる仕事一つ一つを着実に増やしていき、自分のキャパシティを広げていくことが急務だと思っています。
 自分自身が成長したと感じるのは、自分の周りを見て、仕事の流れをつかみ、今している仕事の一歩先を見て行動を起こすことと、メーカーとしての技術的な上達を感じることが少しづつですができるようになったところでしょうか。
 部下の指導には厳しいですが、親身になって何度でも対応してくれる上司のためにも、技量を高め、より多くの知識を習得することが、今の私の課題だと考えています。


生産技術部商品管理課 主任 井上 拓也
(平成18年入社 商業高校卒業)

「心やさしい管理者」が将来の夢です。

 商品管理の仕事をひと言で言えば、入荷された製品をより良い状態に仕上げるために加工処理することです。受入れされた製品は商品管理課で、サビやメッキのはがれ、キズ等の有無をチェックし、補修が必要なものには相応の処理を行います。私は子供の時からプラモデルづくりが好きだったので、大規模な工作機械に頼らず手作り感のある補修・加工には、大いに興味を惹かれています。
 入社して3年経って思うことは、物事を考える力が以前よりアップしたことです。タチバナでは経験を重ねていくと、任せられる仕事も幅広くなり、先を見越した段取りや対応策が求められ、否応なしに考える癖がついたということでしょうか(笑)。
 私の将来の夢は、「管理職となって部下の指導・育成に力を注ぎたい!」ということ。現場の仕事はとにかくピリピリしていて、失敗でもすれば怒声が飛んでくる…と思っていたのですが、タチバナでは、笑顔が飛び交う、穏やかな雰囲気なのです。失敗すると当然怒られるのですが、なぜミスをしたのか、その原因を探りながら、教えるところは教えるといった対応がウレシイですね。
 仕事面には厳しいけれど、メンタル面やプライベートでは優しくフォローし、サポートしていける上司が、私がなりたい“管理者像”です。


生産技術部商品管理課 川上 一成
(平成24年入社 工業高校卒業)