タチバナでは各製造段階において、厳しい検査基準に基づいた品質管理を行っています。

荷重試験

実際の製品に荷重を加えその強度や特性を評価するための試験です。荷重方法を工夫することで、より現実に近い状態で確認します。

振動試験

実際の製品に振動を加えてその耐久性を評価するための試験です。目的に適した多種の振動や衝撃を加え製品の信頼性を確認します。

塩水噴霧試験

メッキ皮膜や塗装皮膜の耐食性を評価するための試験です。塩分を含んだ環境下での製品の信頼性を確認するために行います。

複合サイクル試験

メッキ皮膜や塗装皮膜の耐食性を評価するための試験です。塩水噴霧、乾燥、湿潤を繰り返し、製品の信頼性を確認します。